にしかわ歯科クリニックはつきみ野駅すぐの歯医者です。中央林間近辺の方も是非。インプラント、矯正歯科治療、小児歯科もお任せください。

   小児歯科

bnr_close

pediatric_dentistry_01どんなに元気なお子さまでも、やはり歯の治療は怖いもの。
そのため、お子さまを対象にした小児歯科治療では、なによりも恐怖心を与えないことが大切です。

当クリニックでは、針のない麻酔薬をご用意しておりますので、針が怖いお子さまでも恐怖感なく治療を受けていただくことが可能です。

また、お子さまによって発育状況や性格などが異なりますので、それにともない、歯科治療の方針や進め方も変わってきます。私たちは、小児歯科の数多い経験をもとに、お子さま一人ひとりに合ったベストな治療法をご紹介いたします。

また、年に3~4回の定期健診にご来院いただくことで、発育状態に対して重要な時期に、咬合誘導、虫歯の早期発見や予防(フッ素塗布)など、適切なアドバイスを行っております。

当クリニックのスタッフは、みな、明るくてフレンドリー。
歯科クリニックが苦手なお子さまでも楽しく通っていただけると思います。どうぞ、安心してお任せください。

歯に対する理解を深める

やがて、乳歯は永久歯に生え変わるとはいえ、健康な永久歯が生えてくるためには、乳歯の健康も必要です。
虫歯を作らないようにするための正しい歯のブラッシング方法や、虫歯になりにくい食べものの話、虫歯を防ぐ間食の仕方など、幼いころから「歯をきちんと磨き、健康な歯を保つ」ことへの理解を促していきます。

・フッ素による虫歯予防

歯磨きの成分としても知られているフッ素。このフッ素には歯を強くしたり、一度溶けた歯の再石灰化を促進したりする作用があるとされています。また、フッ素が歯に取り込まれると、歯が酸に強くなったり、虫歯菌が酸を作るのを抑制したりする効果もあります。

当クリニックでは、高濃度フッ素を定期的に塗布する治療を行うとともに、低濃度フッ素含有歯磨き剤の使用をおすすめし、お子さまの虫歯予防に力を入れています。

・シーラントの使用

特に、お子さまの歯のなかで虫歯になりやすい奥歯の溝に、あらかじめプラスチック製の薬やフッ素セメントを流し込んで、虫歯になりにくくする方法があります。このとき、使用するプラスチックの薬が「シーラント」。このプラスチックは虫歯を削ったときに詰めるものと同じ、レジンという物質を素材にしているので、身体にも安心です。
「虫歯は治療より予防が大切」という観点からすると、とても有効な方法といえるでしょう。

PAGETOP
Copyright © にしかわ歯科クリニック All Rights Reserved.