にしかわ歯科クリニックはつきみ野駅すぐの歯医者です。中央林間近辺の方も是非。インプラント、矯正歯科治療、小児歯科もお任せください。

   歯周病

bnr_close

歯周病とは

periodontal_01歯周病は、文字通り「歯」の「周り」の病気。
簡単にいえば、歯を支えている骨が溶けてしまう病気のことです。以前は、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれることが多く、聞き覚えのある方もいらっしゃると思いますが、現在では「歯周病」という呼び方が一般的になりました。

食後、歯磨きをせずにそのまま放置しておくと、やがて食べカスに細菌が繁殖します。その細菌の塊が歯垢(プラーク)と呼ばれるものです。歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に歯周組織が感染すると、歯茎が炎症を起こし、腫れたり出血したりし、歯を支える骨を失っていき、放っておくと最終的には歯が抜けてしまいます。

歯周病の怖いところは、はじめのうちは、ほとんど自覚症状がないということでしょう。そのため、歯茎がだいぶ腫れてしまったり、歯茎から出血してしまったりして、ようやく気づくなどということも多いのです。

日本人が歯を失う原因として最も多いのは、実は虫歯ではなく、歯周病なのです。
特に、「成人の日本人は80%以上が歯周病にかかっている」というデータも発表されているほどです。

periodontal_02

歯周病の治療について

歯の表面に付着した歯垢(プラーク)は、歯磨きで取り除くことができます。しかし、歯周ポケットに入ってしまった歯垢や歯石は、どれだけ丁寧に歯磨きしても、そこまで歯ブラシの毛先が届かないため、なかなか除去することができません。そこで、当クリニックでは、歯周ポケットに入り込んだ歯垢や歯石を取り除く治療を行います。

また、現在はきれいに見える歯でも、歯垢や歯石が表面に残っていると、やがて歯周病にかかってしまうおそれがあります。現在の健康できれいな状態を維持し、歯周病を予防するために、歯垢や歯石の除去も行います。

食事をする限り、歯垢や歯石が歯にくっついてしまうことはやむを得ないことです。
肝心なのは、それをきちんと歯磨きで除去するということでしょう。しかし、見た目には異常がなく、毎日丁寧に歯磨きをしていても、実は、じわじわと進行しているという歯周病もありますので、定期的に歯周病のチェックを受けることをおすすめいたします。2、3ヵ月に1度のペースで受診するのが理想的といえるでしょう。

PAGETOP
Copyright © にしかわ歯科クリニック All Rights Reserved.